このページの先頭です
  1. HOME
  2. 会社案内
  3. ISO
ここから本文です

ISO

ISO9001:2015 2017年8月に移行/更新

 2001年5月に社長が全社員に「キックオフ宣言」を行い、翌年の2002年5月に、㈱マネジメントシステム評価センター(MSA)の審査を受けISO9001:2000 QMSの認証を受けました。宣言以来、顧客満足、品質確保の一層の向上を目指して、当社は、品質マネジメントシステムを企業経営そのものと捉え、その仕組みの構築と実施に全社をあげて取り組んでいます。
 品質マネジメントシステムの運用は2015年版に移行し、認証を維持しています。

登録証

全日本コンサルタント株式会社 品質方針

理 念

 全日本コンサルタント株式会社は、公共・公益施設物の企画・調査・設計・施工監理を業務とし、社会基盤整備による国民の生活利便向上を命題に事業を展開している。
よって、当社は、顧客のみならずエンドユーザーである国民にも十分満足してもらえる、最高・最適な成果を継続して提供していくため、以下の方針を定める。 

品 質 方 針

 全日本コンサルタント株式会社は、河川・砂防、道路、鉄道、上下水道、公園・緑地、都市計画、土地造成、橋梁、トンネル、建築、電気の計画・設計及び環境調査・環境アセスメントに関するコンサルティング並びに測量、地質・土質の調査・試験及び土壌汚染調査並びに施工監理及び計測管理の事業を行う会社であることを踏まえ、以下の方針に基づき、品質マネジメントシステムを実行する。

  1. 当社の成長は、顧客満足に大きく依存していることを自覚し、法律・基準を遵守して顧客が要求する品質を確保するのは勿論、顧客満足の絶えざる向上を目指し、品質マネジメントシステムの継続的改善に努める。
  2. 品質方針達成のため、社内に品質目標を設定し、全社員をあげて品質マネジメントを推進する。また、品質目標を定期的に見直し、必要に応じて改訂を行う。
  3. 品質方針は、小冊子又は電子媒体にて全社員に配布する。また、品質方針は社外に公表する。
  4. 品質方針の見直しは、社長が定期的に行う。

全日本コンサルタント株式会社 社長
青木 亘

審査登録機関 :(株)マネジメントシステム評価センター(MSA)
適用規格 JIS Q 9001:2015(ISO9001:2015)
登録NO.: MSA-QS-1616
登録された品質マネジメントシステム

 河川、砂防及び海岸・海洋、道路、鉄道、上水道及び工業用水道、下水道、造園、都市計画及び地方計画、土質及び基礎、鋼構造及びコンクリート、トンネル、施工計画・施工設備及び積算、建設環境、建設機械、電気電子に関するコンサルティング、並びに建築物の設計、並びに測量、地質調査及び土壌汚染調査、並びに建築物及び土木構造物に関する調査、計測及び施工監理

ページの先頭に戻る